超音速旅客機「コンコルド」 伝説の初飛行担当機は量産型とは違う? 比べると結構異なる2機

1969年3月2日、いまやエアバスのお膝元・トゥールーズで初飛行しました。

長年運航された伝説の「超音速旅客機」

 1969年3月2日は、イギリス・フランス共同開発の超音速旅客機「コンコルド」が、フランス・トゥールーズのブラニャック空港で初飛行した日です。「コンコルド」は、旅客便の営業運航に長年にわたり投入された歴史上唯一の超音速旅客機で、民間航空の歴史においても”伝説の機体”のひとつといえるでしょう。

Large 01
フランス・トゥールーズに展示されている「コンコルド」(松 稔生撮影)。

 試作初号機となる「F-WTSS」は1967年末に完成披露(ロールアウト)。その後各種地上試験を経たのち初飛行を担当しました。このときのフライトは30分弱で、高度約1万フィート(約3050m)まで上昇し、時速約250ノット(時速463km)で航行したと記録されています。

 初飛行した試作初号機は、実際に顧客である航空会社に納入された量産機と比べると、ベースデザインこそは共通しているものの、微妙に異なった設計をしているのが特徴です。

「コンコルド」の大きな特徴のひとつといえば可動式の機首です。同機は離着陸時、その特性上、ほかの旅客機より大きく上向きの姿勢を取る必要があります。そこで下に折れ曲がる機首を採用することで、離着陸時の視界を確保しています。ちなみに初飛行の際は、機首をまっすぐにせず、折り曲げた状態でフライトしたと記録されています。

【写真レポ】色々スゴイ! 初飛行した「コンコルド」機内へ&窓も比較(11枚)

最新記事

コメント