成増駅が「なりもす駅」に モスバーガー50周年を「1号店最寄り駅」が記念

「なります」が「なりもす」になります!

記念乗車券も発売

Large 220307 mos 01

拡大画像

オリジナルヘッドマークを装着した電車(画像:東武鉄道)。

 東武鉄道は2022年3月8日(火)、東上線の成増駅にて、駅看板に表示の駅名を期間限定で「なりもす駅」とすると発表しました。期間はきょう3月8日から4月3日(日)までの予定です。

 これは、ハンバーガーチェーン店の「モスバーガー」が創業50周年を迎えるのにあたり、1号店である成増店の最寄り駅として、地域活性化のために行う取り組みです。

 駅看板や駅名標が「なります」から「なりもす」に変更されるのに加え、東上線の1編成はモスバーガーのロゴをデザインしたオリジナルヘッドマークが装着されます。

 さらに、3月12日(土)から、「モスバーガー50周年記念乗車券」が東上線の主要駅で発売されます。オリジナル台紙に硬券きっぷ3枚がセットになったもので、価格は1000円。2000セット限定発売です。

【了】

【今しか見れない「なりもす駅」の看板】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント