「バスターミナル東京八重洲」9月開業へ 東京駅前の地下に新BT バス停どう再編?

東京駅前で建設中の新バスターミナル、名称は「バスターミナル東京八重洲」に決まりました。バスターミナルを基軸とした官民連携の一大再開発プロジェクトにより、東京駅前の地下、そして地上のバス停も大きく変わりそうです。

「バスターミナル東京八重洲」に名称決定 商業施設は「ミッドタウン」

 UR都市機構と京王電鉄バスが東京駅八重洲口の駅前で整備を進めている新バスターミナルが、2022年3月15日(火)に報道公開されました。

Large 220315 bus 01

拡大画像

建設中のバスターミナル。地下2階に乗り場が設けられる(中島洋平撮影)。

 今回、その正式名称「バスターミナル東京八重洲」、ならびにロゴマークも発表されました。そのロゴマークは、3つ並んだ長方形の下に紫のひし形が2つあしらわれており、「3棟の再開発ビルの地下に整備されるバスターミナルの位置」を表しているといいます。

 再開発ビルとバスターミナルは3期に分けて整備されますが、うち第1期エリアの開業予定が、9月17日(土)と発表されました。東京駅八重洲南口のJR高速バスターミナルから、外堀通りをはさんだ位置に建設中のビルです。

 バスターミナルの上は、三井不動産が整備する「東京ミッドタウン八重洲」になります。六本木、日比谷に次ぐ3つ目のミッドタウンです。バスターミナルのフロアの商業施設は9月17日に先行オープンし、それより上層階のグランドオープンは2023年3月が予定されています。

バスターミナルは日本最大級に

 バスターミナルは1~3期エリア合計で2万1000平方メートル、20バース(乗降場)となり、バスタ新宿を上回る日本最大規模になるといいます。

 それもさることながら、「特筆すべきは、東京駅前という立地」と、UR都市機構 東日本都市再生本部長の村上卓也さんは強調しました。新幹線をはじめとした各線が乗り入れる東京の玄関口その周辺の路上に点在するバス停を集約することで「東京の国際競争力の強化」につなげるといいます。

【3つで「日本最大級」って?】東京駅新バスターミナルの計画&現場 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント