「もう二度と作れません」伊豆&北海道を走る「THE ROYAL EXPRESS」は未来の鉄道へつなぐバトン 水戸岡さん語る

東急が企画する伊豆方面のクルーズ列車「THE ROYAL EXPRESS」が、2022年も北海道の大地を走ります。車両をデザインした水戸岡鋭治さんはプレスツアーでの車内で、最高の旅の舞台作りにかける情熱について語りました。

北海道に上陸する東急のクルーズ列車

 東急が北海道で展開するクルーズ列車「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」が、2022年も運行されます。それにあわせて3月14日(月)、伊豆方面へプレス向けの臨時列車が走りました。

Large 220315 izu 01

拡大画像

クルーズ列車「THE ROYAL EXPRESS」(乗りものニュース編集部撮影)。

「THE ROYAL EXPRESS」は2017年に運行開始。「リゾート21」の愛称がある伊豆急行2100系を全面改装し、木材や伝統工芸をふんだんに取り入れた上質な車内空間に仕上げた列車が、横浜から伊豆方面へ走ります。走行中も旅路の名産品を取り入れた食事や、バイオリンなどの生演奏が楽しめます。

 2020年からは「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」として、北海道でも運行開始。伊豆を走る列車が北海道まで移動し、雄大な北の大地を行くことになったのです。今年で3年目となります。

 通常は8両編成のところ、北海道へ向けては5両に減らし、パンタグラフを外したうえ、機関車の牽引で北海道へ。札幌で列車を組みなおし、JR東日本から移譲された電源車と、JR北海道の機関車を連結します。「東急と伊豆急の車両がJR北海道の鉄路を走る」という前代未聞のプロジェクトです。

これは、「北海道を元気にしたい」というJR北海道の思いにこたえる形で実現。好評を得ているといい、今年の予約状況も、すでに30%がリピーターだそうです(予約は締切後抽選)。
 

【「最高」が詰まった「THE ROYAL EXPRESS」車内を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 車内は豪華でも下回りまで回りかね?