仙台~いわきに臨時快速 品川発着の特急「ひたち」の一部区間を置き換え E657系

24日からの臨時ダイヤです。

1日4往復が運転

Large 220319 jouban 01
常磐線の特急「ひたち」に使われるE657系電車(草町義和撮影)。

 JR東日本は2022年3月23日(水)、常磐線の24日以降の臨時ダイヤを発表。その中で、品川~仙台間を走る特急「ひたち」について、一部区間を「臨時快速」として運転すると発表しました。

 臨時快速となるのは、いわき~仙台、もしくは原ノ町~仙台の区間。上野方面へは特急として運転されることから、使用車両はすべてE657系電車です。1日4往復が運転されます。

 常磐線では3月16日に発生した地震の影響で一部区間が不通となっていましたが、24日に運転再開見込みとなっています。また、東北本線は22日に運転再開済み。運休がつづく東北新幹線の代替として、郡山~仙台、仙台~一ノ関の2区間で、臨時快速が運転されています。

 列車にはグリーン車が連結されていますが、快速として運転する区間では利用できません。

【了】

テーマ特集「【随時更新】東北地方の地震による交通機関への影響」へ

【「臨時快速」の運行ダイヤ】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント