なぜ「常磐本線」ではないのか 延長約350km 「本線の風格」あってもそう呼ばれない理由

「○○本線」といえば、鉄道会社の主要路線というイメージがあるかもしれません。JRの「本線」の多くは大都市間を結び、特急や貨物列車も走りますが、その条件を持つ「常磐線」は名称に「本線」が付きません。「本線」と呼ばれるには根拠があるのです。

幹線だけど本線ではない「常磐線」

 鉄道路線の多くは「本線」と「支線」に分類できます。木になぞらえて「幹線」「枝線」ともいいます。市販の時刻表の巻頭地図を見ると「東海道本線」「山陽本線」「鹿児島本線」「東北本線」「函館本線」などがあります。本線の駅から分岐する短い路線が「支線」です。東海道本線の場合は「横須賀線」「伊東線」などが支線です。

Large 210421 jjhs 01

拡大画像

常磐線の特急「ひたち」などに使われるE657系電車(画像:写真AC)。

 JRの「本線」は国にとって拠点となる都市を結ぶ主要路線という位置づけのようです。ほとんどの「本線」は複線・電化され、特急列車や長大な貨物列車も走ります。主要駅は規模も大きく駅舎も立派。この雰囲気を鉄道ファンは「本線の風格がある」と表現します。

 一方、実態としては長大なローカル線でありながら「本線」を名乗る路線もあります。北海道の日高本線は苫小牧駅と様似駅を結ぶ146.5kmの「本線」でした。しかし2015(平成27)年に高波による路盤流出で鵡川~様似間が不通となり、2021年4月1日に廃止されました。残存区間は始発駅を入れて5駅。30.5kmまで縮まりましたが、JR北海道の路線図では「日高本線」のままです。

 ところで、JR東日本の常磐線は「本線の風格がある」にもかかわらず「本線」は付きません。常磐線は2020年に東日本大震災の不通区間が解消され、全線開通したばかり。特急「ひたち」が品川・上野~いわき・仙台間を、特急「ときわ」が品川・上野~土浦・勝田・高萩間を走ります。貨物列車も隅田川(貨)~土浦間などで運行しています。東日本大震災以前は首都圏と北海道を常磐線経由で結ぶコンテナ列車もありました。

 このように常磐線は堂々たる幹線であり、成田線、水戸線、水郡線などの「枝線」とも繋がっています。しかし「常磐本線」とはいいません。なぜでしょうか。

【写真】本領発揮できてない、ちょっと残念な常磐線の電車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 東北本線は宇都宮線という愛称が付く前から既に黒磯以南は東北線と案内されてましたね。
    今でも駅構内やホームの番線看板に宇都宮線(東北線)と併記されています。

    東海道本線の東海道線や中央本線の中央線、総武本線の総武線もですけど
    その記述がなかったのが残念ですね。