「ちゃんぷる」と名付けられた特別デザイン機、運航開始 ソラシドエア 沖縄市長「興奮する」

料理の名前ではありません。

地域振興プロジェクト第32弾

 宮崎県を拠点とする航空会社、ソラシドエアが2022年4月11日(月)より、機体に九州・沖縄の地名を表示し、その地域のPRに活用する地域振興プロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」第32弾として、沖縄県沖縄市とコラボした特別デザイン機「ちゃんぷる~文化のまち 沖縄市へGO」の運航を開始しました。

Large a7 04941

拡大画像

那覇空港を出発するソラシドエア「ちゃんぷる~文化のまち 沖縄市へGO」(2022年4月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この特別デザイン機を担当するのは「JA809X」。機体後部には高さ約3m、幅3.6mのデカールシールが貼られ、市の花であるハイビスカスの上に、沖縄市のエイサーキャラクター「さなじぃ」「サーちゃん」などが描かれています。これから1年間、同社の全就航を路線に投入され、同市を各空港でPRします。

 なお「ちゃんぷる」は、沖縄の方言で「混ぜこぜ」を意味するもので、国際色豊かで伝統文化・異文化が融合している特性を「ちゃんぷる~文化のまち」と表現したとのことです。

 同機の公式的な投入初便となった11日の22便(那覇10時40分発→羽田13時10分着)の出発前にはセレモニーが実施され、ソラシドエアの高橋宏輔(高は「はしごだか」)社長、桑江朝千夫沖縄市長などが出発の見送りを実施しました。22便は、幼児含む145名の乗客を乗せ、午前11時前に那覇空港を出発しています。高橋社長は同機の就航に「身の引き締まる思い」と、桑江市長は「大変インパクトがあり、空港で多くの方の目に留まることを想像すると興奮します。この機は県外からの架け橋になれば」とそれぞれコメントしています。
【了】

【写真】さまざまな角度から見るソラシドエア「ちゃんぷる」特別機(19枚)

最新記事

コメント