京急「1500形」が置き換えへ 新1000形追加導入で省エネ図る 登場から37年

2022年度以降、置き換えが進められます。

徐々に数を減らしていくことに

Large 220421 keikyu 01
大師線でも使用される京急1500形電車(画像:京急電鉄)。

 京浜急行電鉄は2022年5月11日(水)、2022年度の「鉄道事業設備投資計画」を発表。その中で、1500形電車を、新型車両である新1000形で置き換えていくとしています。

 1500形電車は1985(昭和60)年にデビュー。製造初期の車両はモーターが界磁チョッパ制御、車体は鋼製と、いまや前時代的な設備であることから、最新の省エネ技術を搭載した新1000形にくらべ、1.6倍もエネルギーを消費していました。

 登場以来、各駅停車から快特までオールマイティに活躍し、大師線でも多くが使用されています。
 
 なお置き換えの対象や車両数、目標年度はまだ明らかになっていません。

【了】

【画像】京急1500形

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント