JR北海道の盛り上げ役!最新特急「ラベンダー編成」で日本最北の地へ 既存車両と全然違う!

JR北海道で最新の特急車両「ラベンダー編成」に乗車。既存形式をベースに「多目的特急車」として新造され、車内にも様々な工夫が凝らされています。今回はこの車両で、日本最北駅の稚内へ向かう宗谷本線の車窓を堪能しました。

最新の特急車両はリゾート車両の代替 定期列車にも充当

 JR北海道の261系5000代は、既存の形式である261系の「多目的型特急車両」として新造されたJR北海道でも最新の在来線特急車。2022年5月14日(土)、このラベンダー編成による特急「サロベツ」稚内行きに乗車しました。

Large 220518 sarobetsu 02

拡大画像

特急「サロベツ」ラベンダー編成(須田浩司撮影)。

 2020年度にデビューした261系5000代は、リゾート車両「クリスタルエクスプレス」「ノースレインボーエクスプレス」の代替として計画されたものです。観光列車やイベント列車、修学旅行団体臨時列車として道内各地へ顔を出すだけでなく、定期列車の代替輸送や繁忙期の臨時列車などにも使われる想定で、日本最北の宗谷本線を走る特急「宗谷」「サロベツ」にも期間限定で充当されています。5両編成2本(10両)が新製され、それぞれ「はまなす」編成・「ラベンダー」編成の愛称がついています。

 このうち、「ラベンダー」編成は2021年5月に運行を開始しました。導入にあたっては国や自治体からの補助が活用され、同年10月1日付で北海道高速鉄道開発(JR北海道・道・自治体出資の第三セクター会社)がJR北海道から編成を取得・保有、JR北海道へ無償貸与するというかたちをとっており、取得に際して北海道高速鉄道開発は、国と北海道から計17億円の支援を受けています。

 ラベンダー編成は、普通車4両と、「ラベンダーラウンジ」と称するフリースペース車1両とで構成されています。フリースペース車は、通路を挟んでカウンター席10席と4人掛けボックス席(テーブル付)4か所16席を配置。内装を木目調で統一しており、流れゆく車窓を落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごすことができます。また、窓付近にはスマホ置き場にもなるコンセントを設けており、ビジネス利用も想定されています。

 一方の普通車は、261系1000代の車内を基本にしつつ、背ずりの2重構造化をはじめとする座り心地の改良やインアームテーブルの採用、コンセントの設置、客席内荷物置き場の設置など、車内サービスの向上が図られています。

【「ラウンジ車」が天国すぎる!】ラベンダー編成の車内と旅 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント