“老兵は死なず”A-10「サンダーボルトII」攻撃機 主翼換装で飛行時間延長へ ボーイング

湾岸戦争がなければとっくに退役していたんですけどね。

初飛行から半世紀、まだまだ元気な「対地番長」

 大手航空機メーカーのボーイングは、2022年5月25日、A-10「サンダーボルトII」攻撃機の新造主翼セット(ウイングセット)をアメリカ空軍に納入したと発表しました。

 すでにアメリカ空軍では、納入された新たな主翼を5月初頭にユタ州オグデンにあるヒル空軍基地に送り、同地で既存機の胴体との結合を開始しているそうです。

Large 220526 a10 01

拡大画像

アメリカ空軍のA-10「サンダーボルトII」攻撃機(画像:アメリカ空軍)。

 ボーイングは3年前の2019年8月に主翼新造の契約をアメリカ空軍と結び、2022年5月現在、50機分の主翼セットを引き渡すべく努力しているとのこと。各セットは、主翼外側のアセンブリー(組立パーツ)、中央翼アセンブリー、コントロールサーフェス、および胴体接合キットなどで構成されています。

 新造された主翼セットは従来の翼と比べて、耐久性や整備性に優れているのが特徴で、A-10の運用寿命をさらに1万飛行時間延長するといいます。

 なお、これについてヒル空軍基地でA-10「サンダーボルトII」攻撃機の管理プログラムに携わるジャクリン・メルトン中佐は、「ボーイングは、A-10攻撃機部隊に新しい翼を提供するために熱心に取り組んでいます」と述べています。

 A-10「サンダーボルトII」攻撃機が初飛行したのは1972年5月10日のこと。今年でちょうど50年を迎えた同機が退役するのはまだまだ先になりそうです。

【了】

【フィクションです☆】特別塗装が施された2機のA-10「サンダーボルトII」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント