希代の不人気旅客機「メルキュール」が全ッ然売れなかったワケ 仏版「737」実は高スペック?

フランスには、打倒ボーイング737を目指して開発された旅客機、ダッソー社製の「メルキュール」があります。12機のみ製造とヒット機とは程遠かったものの、実は決して低スペックではありませんでした。

1971年5月28日初飛行

 フランスのル・ブルジェ航空博物館などに、ボーイング737やエアバスA320によく似た、やたら古めかしい双発のジェット旅客機が展示されています。これはいまから半世紀以上前、1971年5月28日に初飛行したフランス・ダッソー社製の「メルキュール」という100席クラスのジェット旅客機です。

 ダッソー社は、デルタ翼戦闘機として有名な「ミラージュIII」や、空母用戦闘機「エタンダール」、ビジネス・ジェット機「ファルコン」シリーズなどを製造してきた名門航空機メーカーのひとつです。

Large 01

拡大画像

仏 ル・ブルジェ航空博物館に保管されているダッソー「メルキュール」(松 稔生撮影)。

「メルキュール」の開発が始まったのは1960年代後半。フランス政府からダッソー社に、当時就航にむけ準備が進んでいたアメリカ・ボーイング737のようなジェット旅客機を、製造してはどうかと提案があり、1969年に開発が始まりました。

 すでに、ボーイング737は1967年11月にアメリカFAAの型式証明を取得し、世界各国のエアラインから引き合いがありました。そこで、初期のボーイング737より少し乗客を多く設定したほか、視界の悪い天候も多いヨーロッパ圏内運航を前提に、ほとんど視界がなくても安全に着陸できる、高水準な計器進入システム「ILS カテゴリーIIIA」を装備するなど、新たな機能が加えられ、初飛行を迎えました。

 その後、1972年9月に試作2号機が、1973年6月に量産機が初飛行しますが、結局「メルキュール」を採用したのはフランスの国内線を運航するエア・インター(AIR INTER。エール・アンテールとも)のみとなってしまいました。

【写真特集】見ればみるほどA320? 「メルキュール」の実機に肉薄! (11枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント