BIGBOSSに会うまでが遠い? 北海道の新球場「バスどうするか問題」 JR新駅開業までの課題

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地となる新球場「エスコンフィールド北海道」開場まで1年を切りました。隣接してJR千歳線にできる新駅の予定エリアは、まだまだ手付かず。新球場は、開場後の観客輸送に課題を抱えています。

原始林の横に、開閉型のドーム球場「エスコンフィールド北海道」あらわる!

 2023年からプロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地となる「エスコンフィールド北海道」(北海道北広島市)の建設が進んでいます。
 
 この新球場は同球団を運営する「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」(以下FSE)によって「温泉に入りながら」「球場内の醸造所で作ったクラフトビールを楽しみながら」など斬新な観戦のスタイルが提案され、かつ球場の周囲はマンション、商業施設、農園、認定こども園などを擁する「北海道ボールパーク Fビレッジ」として段階的に整備中。これまでにない「世界がまだ見ぬボールパーク」が誕生する予定です。

Large 220601 ballpark 01

拡大画像

建設中の新球場「北海道ボールパーク」(宮武和多哉撮影)。

 そしてこのエリアの北側を通るJR千歳線には新駅設置が予定されていますが、開業は2027年度末と、まだ先の話。来年3月の開場まで1年を切った2022年4月、現在の新球場・新駅の様子を見てきました。

 新球場の建設が進む北海道北広島市の共栄地区は、JR北広島駅から1.7kmほど離れた高台にあり、5月を目前に控えても山影の雪が溶けきらないほど冷んやりとしています。球場の開閉式屋根がほぼ全容を表しているものの、周囲はまだまだ整地中の場所ばかり。工事車両がせわしなく動いているためか、周囲は土ぼこりに包まれ、あと11ヶ月でここがプロ野球球団の本拠地になるとは、まだ信じられません。

 新駅は球場とJR千歳線に挟まれた通称「三日月エリア」に整備される予定ですが、現在は舗装された駐車場・資材置場の状態。ここに1面4線(通過線含む)+引き上げ線が整備され、普通列車・臨時列車を合わせ、22時台でも1時間に9本の運行が可能となる見込みです。しかし前述の通り開業は早くて2027年度末、北海道新幹線の工事などとの調整具合によっては、さらに開業がずれ込む可能性もあります。

 球場のオープンから新駅開業まで(早くても)5年のあいだ、ひとまずは北広島駅、あるいは各方面からのバス運行によって観客を迎え入れることになりそうです。北広島駅のホームを延伸する工事も進んでいます。

 現在の試算では、球場が満員となる3.5万人の動員があった場合の移動手段は、以下のように予想されています。

・JR千歳線;1.35万人(多くが北広島駅~新球場間のシャトルバス利用)
・新札幌など各方面からのバス:7000人
・自家用車:1.2万人(駐車場4000台、1台3人乗車で想定)

 バスは最大で2万人近くの観客を輸送することになります。その輸送力の確保は可能なのか、現在の状況を見ていきましょう。

【どれくらいできた?】新球場と新駅周辺 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント