待望の設備! ジェットスター新型機「A321LR」がついに到着 違いは「オレンジの翼」だけじゃない!

LCCのジェットスター・ジャパンが導入する新型旅客機「A321LR」が、ついに日本にやってきました。新たな塗装をまとったこの新型機、機内も一新され、利便性が大きく向上しています。

2020年導入予定だったもののコロナ禍で…

 LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンの新型旅客機「エアバスA321LR」の初号機(機番:JA26LR)が、2022年6月12日の21時20分頃、成田空港へ到着しました。同型機導入にともない、ジェットスター・ジャパンでは外観・機内を新仕様に。成田到着後、その機体が公開されています。

Large 01

拡大画像

ジェットスター・ジャパン「エアバスA321LR」の外観(2022年6月12日、深谷真吾撮影)。

 ジェットスター・ジャパンのA321LRは、現在の同社主力機「エアバスA320」の長胴派生型にあたります。席数はA320(180席)より50席以上多い238席で、ボディがおよそ7m伸びた分だけ多くの人を運べるようになります。

 なお、A321LRは当初、2020年に導入予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大で運航開始が延期されていました。

 A321の導入にともなってジェットスター・ジャパンでは、新たなデザインを導入。従来銀色だった尾翼をコーポレートカラーのオレンジ色にし、主翼翼端のシャークレットに会社ロゴをあしらったデザインを採用しました。ジェットスターグループとしても、この塗装をまとったのは、この機体が初とのことです。

 なお、塗装工程において2層によるコーティングシステムを新たに導入したことで、より塗装が長持ちすると同時に塗料の重量を最大で30%削減し、運航効率などの向上を図ったといいます。

【写真特集】かっこよさも爆上がり!? JJP最新鋭機「A321LR」を解剖!(24枚)

最新記事

コメント