「門真市駅に京阪の優等列車を」市が検討開始へ “空港アクセス”改善なるか 18年越しの計画

京阪の門真市駅に特急や準急が停車すれば、大阪モノレールに乗り換えやすくなる……その構想が、18年越しに動き出そうとしています。今後どのような動きになっていくのでしょうか。

国の答申にも盛り込まれていた「門真市停車」

 京阪本線の門真市駅は、大阪モノレールの終着駅にもなっており、大阪国際空港(伊丹空港)へ直結する、重要な交通結節点のひとつとなっています。しかしこの門真市駅に停車するのは、各駅停車と、朝夕に運行される区間急行のみ。準急や快速急行、特急など優等列車は通過します。

Large 220614 kadoma 01

拡大画像

門真市駅を通過する列車(画像:写真AC)。

 これが何を意味するかというと、門真市で大阪モノレールに乗り換えようとする場合、ほとんどの場合で最低1回は乗り換えが必要になってくるということです。まず、萱島以北の「各駅停車」は実質ほとんどが準急ですが、この準急は萱島より大阪側で急行運転となり、門真市を通過します。さらにこの萱島駅が困ったことに、快速急行や急行、特急が通過します。そのため、「特急に乗車→枚方市で準急に乗り換え→さらに萱島で各駅停車に乗り換え」と、ちまちまとした移動を強いられます。

 この不便さを解消するため、2004(平成16)年、国の諮問機関による「近畿地方交通審議会答申第8号」の中に、「門真市への優等列車停車」が盛り込まれました。答申第8号では、なにわ筋線や大阪モノレールなど新線整備計画がよくクローズアップされますが、「既存施設の改良に関し検討すべき主な事業」もいくつか挙げられており、門真市駅の案件もそのひとつでした。

 さて、「検討すべき」とされてから18年が経過。門真市駅の停車種別に変わりはありません。2014(平成26)年から行われた交通審議会におけるフォローアップでは、各施策について「開通済み」「完了」「代替措置が完了」「未着手」などの振り返りが行われるなか、門真市駅の件は全く触れられていない”スルー状態”となっていました。

【「門真市駅 優等列車停車」構想の詳細】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント