九州最後の「セドリック」パトカー退役へ 佐賀県警 「クラウン」との双璧も今は昔

レーダー搭載だから長生きだったのかも。

いまや少なくなったフェンダーミラー装備のパトカー

 佐賀県警は2022年6月16日、公式Twitterにおいて日産「セドリック」のレーダーパトカーを年内で退役させることを明らかにしました。

 説明によると1998(平成10)年からスピード違反の取り締まりなどで用いてきたそうで、すでに運用は20年以上にわたります。ただ、車齢は重ねているものの、調子は絶好調とのことで、引退の日まで県内一円への出動を予定しているそうです。

 なお、九州でこのパトカーが現役なのは、佐賀県が唯一だといいます。

Large 220624 cedpato 01

拡大画像

佐賀県警の日産「セドリック」レーダーパトカー(画像:佐賀県警察公式Twitterより引用)。

 このツイートに対し、「日産の交通取締用四輪車も覆面以外ですと、いよいよ見納めかも知れませんね。約四半世紀の活躍と維持管理された皆様に敬意を表します」や、「日産ヘリテージコレクションに寄贈しましょう」というコメントが寄せられていました。

 ちなみに、このタイプ、いわゆるYPY31と呼ばれる「セドリック」のパトカーは、佐賀県以外にも岡山県警や北海道警などで運用されているほか、少数ながら「ティアナ」や「スカイライン」をベースにしたパトカーも全国で見受けられます。

【了】

【日産製パトカーといえば】初代含め「フェアレディZ」パトカーをイッキ見

最新記事

コメント