ニクいね新ロゴ「高知県警察」 異例のパトカーご当地表記“さりげない赤色使い”

2021年1月に高知県警が導入した警察車両用の新たなロゴとエンブレム。警備応援で東京に派遣されているパトカーにも用いられているこの新表記のなかに、ほかの都道府県警察では見られない注目ポイントがありました。

2021年初頭に採用された新デザイン

 2021年7月23日(金)から始まった東京オリンピックの関連で、都内を中心に大規模な交通規制が敷かれています。警察庁の発表では、東京オリンピック・パラリンピックの警備に約6万人の警察官が従事しているそうで、東京では全国から応援で集まった警察官や各府県警のパトカーが見られます。
 
 そのなかで、高知県から派遣されたパトカーだけ、特別なデザインが施されています。

Large 210802 kochi01

拡大画像

東京都内で見かけた高知県警のパトカー。エンブレムの導入は2021年1月から(2021年7月、柘植優介撮影)。

 高知県警は、2021年1月にパトカーへ描く表記を一新し、ロゴと独自エンブレムを制定しました。従来、高知県のパトカーは書体が統一されておらず、メーカーなどによって字の形がバラバラだったといいます。

 そのため、デザインを統一しようという機運になり、独自のエンブレムとともに「高知県警察」の書体が定められたそう。既存の書体と比べると丸みがなくなり、直線を多用したものに改められています。

 ただ、よく見るとそれだけではなく、新たに色が追加されているのがわかります。

【新デザイン】1か所だけ赤くなってる高知県警パトカー

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 高知の高の一画目も赤くしたら良かった。