ルフトハンザの超巨大旅客機「エアバスA380」が帰ってくる! 来夏再就航へ 需要急回復に対応

いまはスペインとフランスにいるそうです。

新型旅客機の納入遅れも一因

 ドイツのルフトハンザ航空が2023年夏より、総2階建ての胴体を持つ超大型旅客機「エアバスA380」を再度就航させる予定です。同社は再投入の理由を、航空需要の急回復と、導入予定の新型旅客機の納入遅れによるものとしています。

Large 01

拡大画像

ルフトハンザ航空のエアバスA380(画像:ルフトハンザ航空)。

 ルフトハンザのA380は509席を配し、おもに長距離路線を担当します。現在同社はA380を14機保有し、現在は、スペインとフランスで駐機状態で長期保管「ディープストレージ」をしているさなかです。再就航は、現在売却待ちとなっている6機を除いた8機のうちのいずれかによって実施されます。

 なお、A380の就航路線や、どれくらいの機数を復活させるのかについては、決まり次第発表するとのことです。

【了】

【写真】やっぱでかい! ルフトハンザのA380をいろんな角度から

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント