超巨大旅客機「A380」は名機か迷機か 誕生の経緯 異色の"使用法"も多数…なぜ?

17年前に初飛行。大ヒット機ではなかったですが、超個性的でした。

2005年4月27日に初飛行

 2005年4月27日は、総2階建ての胴体を持つ、ヨーロッパ・エアバス製の「A380」が初飛行した日です。同型機はすでに生産終了が発表されており、2021年に最終号機の引き渡しも完了していますが、いまもなお「世界最大の旅客機」としてスター性を発揮。世界の航空ファンの注目を集め続けています。

Large 01
エアバスA380(乗りものニュース編集部撮影)。

 A380計画の始まりは、1990年代まで遡ります。ライバルであるボーイングでは、先んじて「ジャンボ・ジェット」と呼ばれる747シリーズが商業的にロングセラーを記録。A380は、これに対抗し、牙城を崩すべく作られたモデルとされています。正式に「A380」の名がつき、プログラムが本格的にスタートしたのは2000年のことでした。

 A380は、総2階建てとしキャパシティを上げることにより、1席あたりの運用コストを下げる狙いがありました。初飛行時の報道発表によると、A380は555席を搭載。別の資料では、747より35%多くの乗客を乗せることができ、1席あたりのコストが15%低く、747の半分の騒音に抑えられているとアピールしていました。

 初飛行はエアバスの本社がある、フランス・トゥールーズのブラニャック空港で実施され、このときの重量は「民間旅客機ではもっとも重い(the highest ever of any civil airliner at take-off to date)」(エアバスの当時の報道発表より)という、421tだったと記録されています。

【珍景特集】ベッド、シャワー室、異形テスト機…A380のスゴイ使い方たちを見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント