A380と共に復活のホノルル「ANAラウンジ」に行く 「ANA初海外ラウンジ」は作りも中身もスゴイ!

日本人的に嬉しい設備も、「ホヌ」仕様の特別設備もありました。

2階席にそのまま乗り込める!

 ANA(全日空)が成田~ハワイ・ホノルル線へ超大型旅客機、エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」を約2年4か月ぶりに定期便へ定常投入することにあわせて、2022年7月から、ホノルルのダニエル・K・国際空港の「ANAラウンジ」を再オープンさせています。

Large 01

拡大画像

2022年7月から再オープンしたホノルルの「ANAラウンジ」(2022年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 ホノルルの「ANAラウンジ」は、2019年の「フライングホヌ」の運航開始にあわせてオープンした施設で、ANAとしても海外初の自社ラウンジでした。ラウンジがあるのは、「フライングホヌ」が成田へ出発するC4搭乗口が目の前に迫るエリアの3階。ラウンジ入口のロゴマークには、ウミガメが描かれているのも特徴です。

 ラウンジに入るとガラス越しに、ダイヤモンドヘッドをバックに、「フライングホヌ」などC4搭乗口に駐機する旅客機が眼前に迫ります。ラウンジは、通常の搭乗口からエスカレーターを上がったところに設けられ、2階席の客室にあるファースト・ビジネス・プレミアムエコノミーの客室に、そのまま乗り込むことも可能な作りとなっています。

【写真】ええぞ! ANA初の海外ラウンジの凄さをさっと見る(26枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント