ついにJR改札も「Visaのタッチ」対応へ JR九州で初 博多駅などで

いきなり大都会から始まります。

JRグループ初導入「Visaのタッチ決済」

 交通機関の電子決済手段として広まりつつある「Visaのタッチ決済」が、ついにJRグループへ導入されます。

Large 220707 visa 01
博多駅(草町義和撮影)。

 JR九州、三井住友カード、日本信号、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは2022年7月7日(木)、JR九州の一部区間において、三井住友カードの公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用し、Visaのタッチ決済による実証実験を実施すると発表しました。

 実施期間は7月22日(金)から翌年3月末まで。鹿児島本線 博多駅(中央改札口、北改札口のみ)、吉塚駅、箱崎駅、千早駅、香椎駅(1階改札口のみ)の5駅にて、専用の機器を自動改札機へ設置して導入します。入出場時にVisaのタッチ決済対応カード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンなどを、専用端末にかざすことで列車を利用できるということです。

 なお、Visaのタッチ決済は対象5駅の相互区間内での利用に限ります。同決済による乗降履歴はQUADRACの「Q-move」サイトで会員登録のうえ確認できるということです。

 Visaのタッチ決済は、世界的に使われている「いつものカード」でそのまま日本の交通機関を利用でき、外国人にも資するとして、日本では一部のバスや鉄道で2020年から広まってきました。JRグループでの導入は今回が初めてです。

【了】

【自動改札に取り付けられる「専用機器」とは 画像で見る】

最新記事

コメント