博多駅に直接乗り入れていた筑肥線、その名残をたどる 利用者が多くても廃止の理由

福岡と佐賀を結ぶ筑肥線。福岡側の始発駅は西外れにあり、福岡市の中心部へは地下鉄に乗り入れています。最初は博多駅に直接乗り入れていましたが、ある施設の多さが原因で廃止に。いまも残る鉄路の名残をたどってみました。

地図では鉄路が途切れているが…

 JR九州の筑肥線は、福岡市から玄界灘に沿って西に進み、佐賀県の唐津方面へ延びています。ところが、福岡市内の始発駅は西外れの姪浜駅(福岡市西区)。同じJR線の駅で新幹線も乗り入れている九州最大のターミナル、博多駅には乗り入れていません。

Large 190522 chikuhihaisen 01

拡大画像

筑肥線を走る電車。福岡市営地下鉄空港線に直通して博多駅に乗り入れている(2015年10月、草町義和撮影)。

 実際は筑肥線と福岡市営地下鉄空港線の列車が相互に乗り入れていて、地下鉄の博多駅から筑肥線方面に直通する列車が運転されていますが、地図によっては博多~姪浜間の地下鉄が描かれておらず、鉄道のネットワークが途切れているかのように見えます。

 筑肥線はかつて、博多駅に乗り入れていました。しかし、福岡市内を横断する博多~姪浜間は、現在の福岡市営地下鉄空港線の開業にあわせて廃止されたため、JR線のネットワークが途切れた状態になっているのです。

 2019年5月18日(土)、廃止された区間の跡地をたどってみました。博多駅の西側広場(博多口)から、JRの鹿児島本線や九州新幹線の線路沿いにある道路を南下。1.2kmほど歩いたところで、筑肥線の跡地を再整備した遊歩道(美野島緑道)が現れました。

 その幅は単線の鉄道くらいしかなく、緩やかなカーブを描きながら公園の脇を進んでいきます。遊歩道の終点付近が筑前簑島駅の跡地。プラットホームを模したオブジェと、駅名標のレプリカが設置されていました。

Large 190522 chikuhihaisen 02 Large 190522 chikuhihaisen 03 Large 190522 chikuhihaisen 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

博多~筑前簑島間の跡地に整備された遊歩道。
筑前箕島駅の跡地にはプロットホームを模したオブジェなどがある。
那珂川筑肥橋は蒸気機関車を模したデザイン。

 遊歩道が途切れた先は、「筑肥新道」という2車線の道路に生まれ変わっています。目の前に現れた橋の名も「那珂川筑肥橋」を名乗っており、ここが筑肥線の廃止区間であることを示しています。よく見ると、欄干の親柱は煙突のように見える丸い筒が飛び出ており、蒸気機関車を模したデザインになっていました。

【地図】筑肥線の廃止区間、どこを通っていた?

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 誤1:城北区役所
    正1:城南区役所
    誤2:道路との交差はすべて踏切
    正2:小笹にアンダーパス、美野島にオーバーパスあり

    • ×正2:小笹にアンダーパス、美野島にオーバーパスあり
      ○正2:小笹にアンダーパス、美野島と別府にオーバーパスあり

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。