横浜の新ランドマークになる? 関内駅前に複合ビル建設へ 横浜スタジアムに直結

グランドオープンは2026年春を予定。

旧市庁舎の外観活かしつつ

Large 220127 melody 01

拡大画像

JR関内駅前に建つ複合ビルのイメージ(画像:東急)。

 JR関内駅(横浜市中区)前に、オフィスや大学、ホテル、商業施設、ライブビューイング施設などが入居する複合ビルが建設されます。

 総延床面積は約12万8500平方メートル。横浜市の旧市庁舎行政棟を保存・活用して建設され、新旧融合を特色に低層階がホテル、中層階が娯楽施設など、高層階がオフィスや大学となります。事業主体は三井不動産、鹿島建設、京浜急行電鉄、東急、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、星野リゾートの計8社です。

 関内駅を出ると正面には、「関内フロント」と称する駅前広場とライブビューイングアリーナがお目見え。ここでは大迫力のスクリーンと高性能の音響設備とで様々なスポーツのライブビューイングを観賞できるほか、音楽や飲食も同時に楽しめます。

 その両側には、「くすのきテラス」「みなとテラス」と称する商業店舗のほか、横浜観光の案内窓口も設けられます。また、横浜スタジアムや横浜公園方面ともデッキを介してつながり、回遊性を高めます。ビル一帯は、横浜市営地下鉄の関内駅や、みなとみらい線の日本大通り駅からもアクセス可能です。

 街づくりコンセプトは「MINATO-MACHI LIVE」(みなとまち ライブ)。横浜の文化を継承し、格式ある景観を形成しつつ、次世代の横浜を象徴するエンターテインメントとイノベーションの拠点となり、新たな感動とにぎわいの源泉となる街を創造するとしています。

 竣工・供用開始は2025年12月を、グランドオープンは2026年春を、それぞれ予定しています。

【了】

【地図】どこに建つ? 複合ビルと周辺駅・施設との位置関係

最新記事

コメント