青春18きっぷ旅行で「智頭急行」実は"疲労軽減"に効果的!? お得な一日乗車券も

兵庫県~鳥取県をむすぶ第三セクター鉄道の「智頭急行」は、青春18きっぷでは利用できません。しかし、きっぷを別途購入してでも、旅が便利になる場合があるのです。

平成に開業した地方3セク路線

 全国のJR普通列車が乗り放題となる「青春18きっぷ」。もちろんJR以外の私鉄各線は、一部の例外をのぞき利用できません。しかし、18きっぷ旅の途中であっても、乗る価値がありそうな私鉄路線が全国にあります。その一つが、兵庫県~鳥取県をむすぶ「智頭急行」です。

Large 220614 chizu 01

拡大画像

智頭急行の普通列車に使用される気動車(画像:写真AC)。

 この鉄道路線は、山陽側から鳥取へ直結する鉄道ネットワークを形成するため、国鉄の新路線として建設が進められました。国鉄末期の建設線の特徴である、高架とトンネル主体で都市間をまっすぐ結び、高速運転を主眼においた線形となっています。

 国鉄時代は完成が断念されましたが、第三セクター鉄道として1994(平成6)年に開業。特急「スーパーはくと」が智頭急行経由で京阪神~鳥取をむすび、当時あった山陰本線をひたすら走る特急「あさしお」、播但線経由の「はまかぜ」、福知山線経由の「エーデル鳥取」などに比べて大幅な時間短縮を達成したのです。

 さて、ここまでは都市間輸送の話。地域輸送を担う各駅停車は、沿線状況を反映してか、1日9往復ほどしかありません。しかし18きっぷ旅という「鈍行の旅」で、きっぷを別途購入して乗ってでも、智頭急行が便利になる場合があるのです。

テーマ特集「【2022年】青春18きっぷの便利な使い方! 値段 買い方 期間 特例ルールも紹介」へ

【画像】全身ピンクとハートの駅&珍駅名「宮本武蔵駅」

最新記事

コメント