来春もう開通!? 埼玉~千葉の新橋「三郷流山橋」超速工事のワケ 流山橋の猛烈渋滞に光

埼玉・千葉県境の江戸川に架かる新しい橋「三郷流山橋」の工事が進んでいます。既存の「流山橋」の猛烈な渋滞緩和につながることが期待されていますが、特筆すべきは工事の早さ。「え、もう開通?」の声も上がるほどです。

橋梁部はもう完成近い

 埼玉県三郷市と千葉県流山市を隔てる江戸川に、新しい橋「三郷流山橋」が建設中です。2022年7月、三郷市側の現地では周辺道路が切り回され、新しい橋へのアプローチ部などが建設中。堤防に上がってみると、橋桁は対岸まで架設されており、完成が近いと思える光景でした。

Large 220721 misato 01

拡大画像

建設中の三郷流山橋。2022年7月(乗りものニュース編集部撮影)。

 この橋は、同じく流山と三郷の市街地を結ぶ下流の「流山橋」周辺で発生している渋滞を緩和するために計画されました。

 江戸川に架かる無料の橋は、南の上葛飾橋(三郷市~松戸市)まで約6km、もしくは北の玉葉橋(吉川市~野田市)まで約9km離れているため、流山橋に交通が集中。その渋滞は慢性的で、両市街地側に延びて周辺道路にノロノロ状態を発生させ、ときには“400mの橋を渡るだけで1時間かかる”と言われるほど深刻なものになっています。

 SNSなどでは、「この橋(三郷流山橋)があるだけでだいぶ違う」など、新橋に期待する声が見られます。と同時に、「え、もう開通?」といった声も。地元の人も驚くほど、工事が早く進んでいるようです。

 三郷流山橋が事業化されたのは2018年度。事業主体である埼玉県道路公社によると、もともと埼玉県が橋脚を一部施工していたものの、「本格的な工事が始まったのは令和に入ってから」だといいます。開通は2023年春が予定されています。

 この橋は埼玉県道路公社の有料道路になり、通行料金は普通車で150円、軽自動車で100円に設定されます。「有料なの?」とがっかりする向きもあるようですが、実はこれこそ、橋を最も早く建設できるとして選択された手法でした。

「有料道路事業として道路公社が担当することで、県が担当するよりも制限が小さくなるのがメリットです。国や銀行の貸付も得やすくなり、一度に多くの工事を発注できます」(埼玉県道路公社)

 なお、料金徴収期間は開通から30年が予定されているそうです。

【地図&写真】「三郷流山橋」&キツい渋滞の流山橋 画像で見る

最新記事

コメント