日の丸「超速エンジン」初の飛行試験へ ロケットから分離しマッハ5.5! 将来の用途は?

ジェットエンジンより速く、ロケットエンジンよりコンパクト!

スクラムジェット開発は防衛省とJAXAのタッグ

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2022年7月24日(日)、国内初のスクラムジェットエンジンの燃焼飛行試験を行います。

 これは防衛省が進める安全保障技術研究推進制度に基づく研究の一環として、JAXAが研究を委託されたもので、今回の試験では観測ロケット「Sー520ーRD1」でスクラムジェットエンジンの供試体(試験体)を打ち上げ、実施します。

 スクラムジェットエンジンは、ジェットエンジンでは困難な極超音速での飛行が可能なエンジンです。ロケットエンジンのように内部に搭載した燃料に、酸素タンクの酸素を燃焼させるのではなく、大気中の酸素を使うことでタンクが不要になり、より多くの貨物を搭載が可能に。このため、将来の宇宙往還機や大陸間高速輸送機への適用が期待されています。

Large 220722 jaxa 01

拡大画像

東京・調布市にあるJAXA調布航空宇宙センターで展示されている極超音速旅客機の模型。マッハ5で飛行し2時間で太平洋を横断するそう(画像:JAXA)。

 今回のテストは、その供試体が問題なく極超音速(マッハ約5.5)に到達できるかを確認します。

 燃焼飛行試験では、供試体はロケットに取り付けられ、打ち上げられたロケットが高度100km(10万m)以上になったところで分離、供試体はその後、弧を描くように上昇します。高度150km(15万m)を超えたところで姿勢を変え、今度は滑空しながら空気を取り込みスクラムジェットに点火すると、エンジンが燃焼し「飛行」が始まります。極超音速に達するエンジン外部に生じる空力加熱と、エンジン内部の超音速燃焼に関するデータの取得を行うそうです。なお、今回の燃料にはエチレンが使用されます。

 一方、研究を委託している防衛省(防衛装備庁)では、極超音速誘導弾など将来の防衛分野に活用できる成果が期待されるとしています。

【了】

【スクラムジェットの概念図&JAXAデザインの超音速旅客機】

最新記事

コメント