「コンコルド以来最速の民間機」誕生か? 新型ビジネスジェット「グローバル8000」全貌明らかに

2025年就航予定とのことです。

マッハ0.94で飛行可能

 カナダに本拠を置く航空機メーカー、ボンバルディアが新型ビジネスジェット「グローバル8000(global8000)」を発表しました。就航は2025年を予定しています。同社は「グローバル8000」を「世界最速・最長航続距離のビジネスジェットであると紹介しています。

Large 01

拡大画像

ボンバルディア「グローバル8000」の外観(画像:ボンバルディア)。

「グローバル8000」が予定している巡航速度は、マッハ0.94。たとえば同社で現在ラインナップされているビジネスジェット「チャレンジャー650」の巡航速度はマッハ0.80なので、かなりの高速化が図られていることになります。なお、ボンバルディアは同機を「コンコルド以来最速の民間航空機」とうたっています。

 一方、もうひとつの特長である航続距離は8000海里(約1万4816km)で、ドバイ~アメリカ・ヒューストン、シンガポール~ロサンゼルス、ロンドン~オーストラリア・パースなどに直行便を飛ばすことができるとのことです。

 同機の全長は111フィート(約33.8m)、全幅は104フィート(約31.5m)。客室は4区画最大19人を収容でき、ベッドルームやシャワー室、40インチ4Kホームシアターを備えたエンターテインメントスイートルームなどを備えることができます。また、高度の4万1000フィート(約1万2500m)の高度を巡航していても、客室は高さ2900フィート(約884m)相当の高い気圧を保つことができます。客室気圧を高められることで、地上に近い環境を提供することができ、快適性の向上が図られているといいます。

【了】

【画像】「グローバル8000」の全貌&機内が豪華すぎる件!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント