山形エリアで「Suica」使用可能に 奥羽本線・左沢線の計21駅で 2024年春以降

左沢線では寒河江駅までが対応となります。

「仙台エリア」内で完結する利用のみOK

Large 220722 yamaata 01
JR左沢線のキハ101形ディーゼルカー(画像:写真AC)。

 JR東日本は2022年7月22日(金)、山形地区21駅でSuicaが新たに使えるようになると発表しました。利用開始は2024年春以降を予定しています。

 山形地区では現在、山形駅でしかSuicaが使えません。拡大後は、奥羽本線は村山駅からかみのやま温泉駅まで、左沢線は寒河江駅まで、各駅で使用可能となります。

 これらの駅からSuicaで利用できるのは、今回追加の駅を含む「仙台エリア」にある駅のみ。たとえば、天童駅からSuicaで入場し、秋葉原駅で出場する、ということはできません。「仙台エリア」は郡山、石巻、小牛田方面へ広がっています。

 なおSuica定期券は、今回追加される山形周辺エリア内の区間のみ購入可能です。

【了】

【新たに設定される山形県内のSuicaエリア】

最新記事

コメント