運用はワールドカップ2022から カタール向け「タイフーン」戦闘機 初号機が引渡し

中東ではオマーンやサウジ、クウェートについで4か国目。

契約では「タイフーン」24機を納入予定

 イギリスに本拠を置く多国籍企業のBAEシステムズは2022年8月15日、カタール向けとなるユーロファイター「タイフーン」戦闘機の初号機を引き渡したと発表しました。

 引き渡しはイングランド北西部、ランカシャー州ウォートンにあるBAEの航空機工場で行われ、式典にはカタール政府の副首相を兼務するリド・ビン・ムハンマド・アル・アッティヤ国防大臣のほか、カタール空軍司令官のジャシム・モハメド・アフメド・アル・マンナイ少将も参列しました。

Large 220816 typhoon 01

拡大画像

カタール空軍向け「タイフーン」戦闘機(画像:BAEシステムズ)。

 今後、予定通り進めば同機は今月(8月)下旬にはカタールへ向けフェリーされるとのこと。そして11月20日から同国で開催されるFIFAワールドカップ2022年大会のサポートに就く予定だそうです。

 カタールは2017年12月にBAEシステムズとユーロファイター「タイフーン」戦闘機24機の購入契約を結んでおり、そのときに機体の引き渡しは2022年から開始されるとなっていました。ほかにもカタールはBAEシステムズと「ホーク」練習機9機について契約を締結しており、これらに関連してカタール政府とイギリス政府のあいだで、カタール空軍のパイロットや整備士らの教育訓練、そして「タイフーン」と「ホーク」双方の飛行隊立ち上げまで含む各種サポートをイギリス空軍が実施する覚書も取り交わされています。

【了】

【日本向け特別塗装も】各国の「タイフーン」戦闘機をイッキ見

最新記事

コメント