西九州新幹線 成功のカギは「駅前駐車場」に? クルマと“共存”する新幹線 地域どう便利に

鉄道・バスとの接続が主体だった黎明期の新幹線駅と違って、クルマ利用が主体の地方では広い駐車場を擁する駅が多くなっています。開業を控えた西九州新幹線も、九州ならではの「クルマでのアクセス」が反映されています。

最近の新幹線駅、トレンドは「クルマ」利用の取り込み

 新幹線の駅といえば、幹線鉄道やバスが接続する公共交通の一大拠点として整備されるのが一般的でした。しかし自家用車が普及した地方の新幹線駅では、クルマでの利用を想定して、広い駐車場や周辺道路の整備などに重点を置くようになっています。2022年9月23日に開業する西九州新幹線も、同様の傾向が見られます。

Large 220905 p r 01

拡大画像

武雄温泉駅での試運転列車歓迎セレモニー(画像:JRTT鉄道・運輸機構)。

 これまでの代表的なケースといえば、駅前に整備した300台以上の無料駐車場によって定住者・通勤需要を掘り起こしている東北新幹線 くりこま高原駅(宮城県栗原市)や、東京・新横浜への新幹線利用で72時間まで駐車場が無料になる山陽新幹線の各駅などが挙げられます。近年では、無料駐車場と道の駅をセットで整備した北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅(2016年開業、青森県今別町)なども、同様の方向性を目指したものと言えるでしょう。

 九州では、既存の九州新幹線(博多~鹿児島中央)の全線開通が2011(平成23)年と比較的歴史が浅く、多くが在来線の駅と離れている上に、路線バスとの接続すら少ない駅も存在します。そうした環境の中で、当初から各駅に駐車場が整備され、鉄道利用とセットで駐車料金を割り引く「パーク&ライド」制度が充実しています。

 鉄道利用者のみのお得な料金体系もあり、例えば157台分を擁する筑後船小屋駅(福岡県筑後市)の駐車場は1日最大料金600円のところ、新幹線利用の場合のみ24時間最大400円(72時間まで)。ほか熊本駅、新八代駅、鹿児島中央駅などでも、鉄道利用とセットで一時利用・月極利用がともに割引となる駐車場が整備されています。最近ではアプリ「akippa」による事前予約にも対応しているため、クルマを停められず新幹線に乗り遅れる心配もありません。

 また割引制度がなくても、新鳥栖駅のように一時利用でも40分間まで無料、その後24時間ごとに300円という格安の駐車場が市営・民間合わせて600台以上整備されている場合も。この駅は「鳥栖筑紫野道路」など主要道路が東西・南北方向にクロスし、各方面からのアクセスも良好です。

 新鳥栖駅は佐賀市からもクルマで40分少々ということもあり、佐賀駅に近い地域から、こちらを利用する場合も多いのだとか。佐賀市街地は駐車料金が高く渋滞もあることから、もともと高速バスを利用する場合でも、市北部の「金立公園」無料駐車場から博多・天神方面のバスに乗車するケースが見られました。こうしたなかで、新鳥栖駅・新幹線利用がもう一つの選択肢として生まれたわけです。

【画像】西九州新幹線の路線図

最新記事

コメント