ボート側面にタイヤ!? 車いすも楽々収納な次世代レスキュー艇 台風・洪水見据え開発中

2022年8月25日・26日に東京都立川市で開催された「レスキューエキスポ in 立川」。そこでヤマハが新たなコンセプトのレスキューボートを展示していました。タイヤが付いたりゲート開閉が可能な次世代の救助艇とは。

ヤマハが開発中の新型救助艇コンセプトモデル

 9月は台風シーズンです。気象庁の説明によると、台風の発生数は8月が年間で最も多いものの、台風を流す上空の風がまだ弱いために台風は不安定な経路をとることが多く、9月以降になると上空の大気の影響から放物線を描くように日本付近を通るようになるとのこと。結果、過去30年間のデータによると9月が最も上陸数の多い月になるそうです。

 そういったなか、2022年8月下旬に東京都立川市で開催された「RESCUE EXPO in 立川」において、興味深いボートが展示されていました。

Large 220829 yamaha 01

拡大画像

ヤマハの新たな「洪水・水難救助艇RS-13」コンセプト(柘植優介撮影)。

 その名は「洪水・水難救助艇RS-13」。展示したのはヤマハ発動機です。同社はこれまでも各種展示会などで救助用ボートを披露してきましたが、今回のものは改良を加えた最新型だといいます。

 ヤマハが提案する救助艇は、車いす利用者がそのまま乗り降りできるようになっているのが特徴で、艇体前面に開閉式のフロントゲートが設けられている点にあります。また、水面に浮かぶ要救助者を助ける際も、この部分を倒すと艇体の舷側を下げる形になるため、救助しやすいとのこと。なお、ゲートは前面にあるので、エンジン部分から最も遠いところで救助活動ができ、安全面からも良いとのことでした。

【実際に人力で動く様子も】「洪水・水難救助艇RS-13」のディテールほか

最新記事

コメント