「大村車両基地駅」まもなく開業 展望はゼロでも重要な「存在理由」とは

大村市にとっては2駅同時開業となります。

全国初「車両基地駅」

 九州新幹線の長崎ルート「西九州新幹線」が、武雄温泉~長崎間で2022年9月23日に開業を迎えます。部分開業という形ですが、特急「かもめ」で2時間かかっていた博多~長崎間が、特急「リレーかもめ」+新幹線「かもめ」の乗り継ぎにより1時間半に短縮されます。

Large 220914 omura 01

拡大画像

完成し9月23日の開業を待つ大村車両基地駅(画像:大村市)。

 新幹線の新大村駅が開業する長崎県大村市では、在来線のJR大村線に、乗り換え駅の新大村駅に加え、単独の新駅「大村車両基地駅」も開業します。駅名に「車両基地」を含む珍しいネーミングの大村車両基地駅は、竹松~松原間に設置。ホーム1本の駅で、駅前ロータリーが整備され、バスが発着するようになります。

 駅舎は木材を取り入れた内装で、一部がガラス張りの2階部分のような構造となっています。ここから車両基地は見渡せるのでしょうか。JR九州は「駅舎の高くなっている部分は吹き抜け構造で、展望設備となっているわけではありません。また車両基地は高い位置にあるため、駅から見ることはできません」と話します。

【開業間近「大村車両基地駅」の姿】

最新記事

コメント