乗ったぜ「108歳の大型帆船」初来日した世界屈指のベテラン船 中身は全く前時代モノではなかった!

艦齢108歳にもなる世界屈指の現役ベテラン船が2022年9月下旬、横浜に寄港しました。初めて来日したドイツ生まれのノルウェー帆船、乗ってみたら100年前の船とは思えないほど手入れが行き届いており、意外なほどハイテクでした。

ドイツで生まれた当初はまったく違う名前

 今から100年以上前に帝政時代のドイツで建造され、ノルウェー最大の帆船として活躍している「Statsraad Lehmkuhl(スターツロード・レムクル)」が2022年9月12日から15日にかけて横浜港に寄港しました。

 同船は建造当初から主にヨーロッパ周辺の海域で活動しているため、日本の港に入るのはもちろん初めて。今回、横浜港の新港ふ頭客船ターミナル(横浜ハンマーヘッド)に接岸した「スターツロード・レムクル」へ乗船できたので、その様子を紹介します。

Large 220929 lemkuhl 01

拡大画像

横浜港に姿を見せたノルウェー帆船「スターツロード・レムクル」(深水千翔撮影)。

「スターツロード・レムクル」が来日した理由は、19か月かけて地球を一周する航海「ワン・オーシャン・エクスペディション」の一環です。

 2021年8月にノルウェーを出港した同船は、キューバのハバナやアメリカのニューヨーク、ブラジルのリオデジャネイロなどに立ち寄りつつ、南アメリカ最南端のホーン岬を回って太平洋側へと移動。パラオを経由して横浜に寄港しました。ちなみに、その後9月24日には那覇港に入港しています。

 同船は全長98m、幅12.6mの船体に3本のマストを備えた「バーク」と呼ばれる船型で、優美な船首楼が外観の特徴となっています。竣工は1914(大正3)年1月で、建造を手掛けたのはドイツ・ゲーステミュンデ(現ブレーマーハーフェン)の名門造船所ヨハンC.テクレンボルグ。竣工当初の船名は、オルデンブルク大公国の君主フリードリヒ・アウグストにちなんだ「Grossherzog Friedrich August(グローシェルツォーク・フリードリッヒ・アウグスト)」でした。

【舵輪デケ~】古さと新しさを併せ持つ純白帆船の中をイッキ見

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「Grossherzog Friedrich August(グローシェルツォーク・フリードリッヒ・アウグスト)」
    ⇒ドイツ語 Grossherzog (大公)は、Gross で区切って herzog です。グロース ヘルツォーク(発音 古!)
    今ならヘアツォーク。。