東京唯一「鉄道ない市」に新駅続々!? 多摩モノレール北部延伸の全貌

いよいよ全容が見えてきました!

多摩都市モノレール箱根ヶ崎延伸 都市計画素案の説明へ

 多摩都市モノレールを北へ延ばす「箱根ヶ崎延伸」、その全容が見えてきました。東京都が2022年10月、沿線の複数箇所で都市計画素案の説明会を行います。

Large 221004 tama 01
多摩都市モノレール(乗りものニュース編集部撮影)。

 現在の北の終点、上北台駅(東大和市)から約7.2km北西へ、JR八高線の箱根ヶ崎駅(瑞穂町)へとつなげるプロジェクトです。大部分は新青梅街道沿いに建設されます。

 今回、箱根ヶ崎の接続駅を含む7つの新駅を整備する図面が示されました。うちひとつは東大和市と武蔵村山市の境界、4つは武蔵村山市内、残り2つは瑞穂町内に所在。武蔵村山市は東京で唯一、「鉄道のない市」ですが、延伸で大きく変わりそうです。

【了】

【地図】新駅7つの位置

最新記事

コメント