バックも500km/h!? リニア新幹線の「乗り心地」 飛行機っぽい? いややっぱり「電車」だった

東京~名古屋間の先行開業をめざし、整備事業が進んでいるリニア中央新幹線。その実際の乗り心地はどのようなものか、実際に体験してみました。

一足先にリニア新幹線に乗車

 東京~名古屋間の先行開業をめざし、整備事業が進んでいるリニア中央新幹線。超電導リニアモーター車両が最高速度500km/hで駆け抜け、名古屋までの所要時間はわずか40分に短縮される予定です。

 その超電導リニア車両の走行試験が、山梨県都留市のJR東海 山梨実験センターで続けられています。2022年10月6日の報道公開にて、500km/hの"浮上走行"を体験することができました。

Large 220814 rinia 01

拡大画像

リニア新幹線の車両(乗りものニュース編集部撮影)。

 センターで一通りの説明を受けたあと、いよいよ車両と対面。停車中の車両は5両編成のL0系です。うち3両は2013年から使われている初期型、残り2両は2020年デビューの「改良型」です。改良型の外観上の特徴は、先頭形状のマイナーチェンジと、ヘッドライトを上部(新幹線の運転席にあたる部分)に移動したことです。

 乗車にあたっては、ホームで車両と対面、ということはなく、さながら空港の「搭乗口」から乗り込む形になります。これは磁力の影響を外部へ極力及ぼさないための構造で、実際の駅も似たようなものになるといいます。ただ、リニア車両が全く見えないわけではなく、駅によってはコンコースのガラス窓から見下ろすことができる予定だといいます。

【写真】リニアの車両と駅と車内と走行中の様子

最新記事

コメント