歴代「のぞみ」印字も 有田焼と東海道新幹線のコラボ食器 受注生産で販売

小皿3枚セットで揃えたいかも。

販売(生産)数は最大各300個

Large 211014 eiden 01
1917年創業の「瑞峯窯」で焼き上げる(画像:ジェイアール東海パッセンジャーズ)。

 ジェイアール東海パッセンジャーズが2022年11月21日(月)午前10時より、有田焼と東海道新幹線のコラボ食器3種を数量限定、受注生産のうえ販売します。これは同新幹線の速達列車「のぞみ」デビュー30周年を記念しての企画です。食器の概要は以下の通り。

【N700Sマグカップ】4280円
N700Sの9号車側面を、有田焼で可能な限り再現。カップ内側の底面には「のぞみ30周年」記念ロゴを印字。容量約275cc。

【のぞみ小皿3枚セット】6180円
N700系、700系、300系のピクトグラムをそれぞれデザイン。直径各15cm。

【N700Sフリーボウル】6480円
N700Sの9号車側面を、有田焼で可能な限り再現。ボウル内側の底面には「のぞみ30周年」記念ロゴのほか、N700系、700系、300系のピクトグラムをデザイン。サラダだけでなくカレーや麺類など多用途に利用できる。直径約19.3cm。

 販売(生産)数は最大各300個(セット)。11月28日(月)23時まで、ジェイアール東海パッセンジャーズのオンラインショップで受け付けます。商品の発送は注文日から約1か月半程度を要します。

 同社は食器について「日本の磁器の発祥である『有田焼』の美しい白磁の上に、日本初の新幹線である東海道新幹線のブルーが映えるデザインです。1917年創業の『瑞峯窯(ずいほうがま)』でご注文後にひとつひとつ丁寧に焼き上げます」としています。

【了】

【写真】販売されるコラボ食器3種を見る

最新記事

コメント