ハンドル“ほぼ長方形”!? トヨタbZの小型SUVコンセプト公開 驚愕の内装!

極論いえばディスプレイあればOKってことか……。

日常使いしやすいbZ4Xの弟分として開発

 トヨタは2022年11月16日、バッテリーEV(BEV)のコンセプトカーとして「TOYOTA bZ Compact SUV Concept」を米国で初披露しました。19日からのロサンゼルスオートショーに出展されます。

Large 221117 bz 01

拡大画像

TOYOTA bZ Compact SUV Concept(画像:トヨタ)。

「bZ4X」を皮切りとしたBEV専用モデルであるbZシリーズにおいて、日常使いしやすい小型SUVとして開発中のモデルだそうです。

 驚くべきはハンドルの形。bZ4Xの当初コンセプトにもゲーム機のような特殊ハンドルが付けられていましたが、今回はほぼ、“横長の長方形”といったところです。インパネやセンターコンソールなどもかなりシンプル。

 インテリアには、植物由来のリサイクル素材を使用したシートなど、環境に配慮したデザインが盛り込まれているといいます。また、車内に搭載された「パーソナルエージェント」が、音声と照明でクルマとドライバーや同乗者をつなぎ、より快適な車内体験を提供するとのこと。

「bZ4Xに比べコンパクトかつ軽量なエントリーSUVとして、より幅広い層のお客様にお使いいただくことを想定しています」というこのモデル。詳細な情報は2023年以降に発表予定ということです。

【了】

【なんじゃこりゃ!】ハンドル奇抜 ビックリ車内(写真ギャラリー)

最新記事

コメント