世界唯一“軍艦を沈めた原子力潜水艦”とは 日本防衛にも活かせるか「海の忍者」の戦訓

今から40年前のフォークランド紛争では、イギリス海軍が“世界初”の戦果を挙げています。原子力潜水艦による攻撃で、アルゼンチン海軍は手痛い打撃を被りました。その一部始終を振り返ります。

まさに「海の忍者」アルゼンチン艦をピタリとマーク

 今から40年前の1982(昭和57)年、イギリスとアルゼンチンの間で、南大西洋にある小島、イギリス領フォークランド諸島(アルゼンチン名マルビナス諸島)の領有権を巡って衝突が発生しました。日本では「フォークランド紛争」として知られるこの戦いにおいて、2022年現在に至っても更新されていない歴史上唯一の戦果を、イギリス海軍の原子力潜水艦があげています。それはいったいどんなものだったのでしょうか。

Large 221117 falkland 01

拡大画像

イギリス海軍の原子力潜水艦「コンカラー」。チャーチル級原子力潜水艦3隻のうちの2番艦として1971年11月に就役している(画像:帝国戦争博物館/IWM)。

 フォークランド紛争の発端は、1982(昭和57)年3月19日にアルゼンチン軍が同諸島への侵攻を開始したことです。この緊急事態を受けて、イギリスは空母「ハーミーズ」と「インヴィンシブル」を主力とする空母機動部隊を現地へ急派しました。

 そして4月12日、フォークランド諸島の周辺に海上排除エリアを設定し、近付くアルゼンチン艦船の監視と排除のために原子力潜水艦「スパルタン」と「スプレンディド」を配置します。なお、この海上排除エリアは同月30日、アルゼンチン航空機を対象に含む完全排除エリアに設定が改められています。

 一方、アルゼンチン海軍は、空母「ベインティシンコ・デ・マヨ」を主力とする艦隊、軽巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」を主力とする艦隊、エグゾセ艦対艦ミサイルを装備するフリゲート群からなる艦隊、この3部隊によって、イギリス空母機動部隊を包囲攻撃しようと考えていました。

 しかし、イギリス海軍はアルゼンチン海軍の動向を早い段階から掴んでいました。というのも、軽巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」と護衛の駆逐艦2隻には、4月30日の時点でイギリス原子力潜水艦「コンカラー」がピッタリ張り付いていたからです。

【写真】英原潜「コンカラー」&アルゼンチン軽巡「へネラル・ベルグラノ」の後ろ姿

最新記事

コメント