旧海軍「潜水空母」はどんな飛行機を積んだ? 秘密兵器「晴嵐」と米本土空襲の偵察機

航空母艦+潜水艦である、旧日本海軍の「潜水空母」ですが、どのような航空機を搭載していたのでしょうか。「史上唯一のアメリカ本土空襲」を実施したのも、その潜水艦の搭載機でした。

唯一のアメリカ本土爆撃、実行したのは潜水艦搭載機

 旧日本海軍による真珠湾攻撃から半年後の、1942(昭和17)年9月9日早朝(現地時間)のことです。

Large 190205 sea 01

拡大画像

藤田信雄兵曹長(左)と零式小型水上偵察機(画像:アメリカ海軍)。

 午前5時半過ぎ、アメリカ・オレゴン州ブルックキングス市近郊の森の上空を、小型の水上機が飛行していました。前夜の雨でもやがかかり、その姿は地上からは良く見えませんでしたが、機体には、はっきりと日の丸の標章(国籍マーク)が描かれていました。焼夷弾が投下されて森林地帯に火災が発生し、監視員は敵機来襲の報を発しましたが、火災自体は大したことはありませんでした。

 これが「伊二十五」潜水艦から発進した、藤田信雄兵曹長が操縦する零式小型水上偵察機による、初のアメリカ本土空襲でした。森林火災を企図して投下されたのは2発の焼夷弾(計155kg)で、約2年後から始まる、アメリカ軍のB-29による日本本土空襲の苛烈さに比べればゼロに等しいものでしたが、「敵機がアメリカ本土を空襲する」というのは史上初めてのことで、全米に与えた心理的インパクトは無視できないものでした。その後、2019年現在に至るまで、この旧日本海軍の零式小型水上偵察機以外にアメリカ本土を空襲した軍用機はありません。

 現代では奇想天外に見える、「潜水艦への航空機搭載」ですが、その着想は第1次世界大戦中からありました。

【写真】ホワイトハウスから感謝状も 藤田信雄氏関連資料

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント