特急「ひだ」用HC85系、営業線経由で京都鉄道博物館へ JR東海車両は初展示

現行のキハ85系も展示します。

ダイヤ改正で大阪駅へ乗り入れ開始

Large 150721 twilight 01

拡大画像

HC85系気動車(画像:京都鉄道博物館)。

 京都鉄道博物館(京都市下京区)が翌2023年2月23日(木・祝)から3月5日(日)まで、HC85系気動車2両を展示します。同車両は、翌年3月のダイヤ改正をもって大阪~高山間の特急「ひだ」にも投入されますが、今回の展示はそれを記念して行われるもの。なお、京都鉄道博物館でJR東海の車両が展示されるのは初めてです。

 場所は本館1階「車両のしくみ 車両工場」エリア。現行のキハ85系気動車2両とともに展示されます。搬入は営業線を経由して行われます。

 HC85系は現在、富山駅へ乗り入れているものの、近畿圏に乗り入れるのは初。さらに今後は紀勢本線の特急「南紀」にも投入される予定です。

【了】

【写真】京都鉄道博物館に収蔵された戦前の展望客車

最新記事

コメント