デカいデカすぎる!「世界最大のLNG船」誕生へ 一挙18隻「中国で」建造へ

カタールが発注した世界最大のLNG船が一挙18隻、中国で建造されます。その造船契約の規模も世界最大級。LNG輸出をめぐって日本とも馴染の深かったカタールですが、世界でLNG需要が高まるなか、中国が存在感を放っています。

今までのヤツより全然デカいLNG船

 世界最大のLNG(液化天然ガス)船が中国で建造されます。カタールの国営石油・ガス会社カタールエナジーは2024年4月、 27万1000立方メートル型LNG船18隻の建造契約を中国国有造船大手の中国船舶集団(CSSC)と結んだと発表しました。投資総額は約60億ドル。全隻がCSSCグループの滬東中華造船で建造され、2028年から2031年にかけて引き渡されます。

Large 240702 lng 01

拡大画像

日本に寄港する17万4000立方メートル型、全長約300mのLNG運搬船。カタールが発注した新造船はこれよりはるかに大きい(深水千翔撮影)。

 カタールエナジーはLNGの生産能力を2030年までに年7700万トンから1億4200万トンに増強するプロジェクトを推進しており、これに対応してエネルギー輸送を担うLNG船隊も大きく拡張します。新造整備されるLNGは122隻と史上最大規模。このうち18隻が今回、建造が決まった世界最大規模の「QC-Max型」となっています。

 新造船QC-Max型のLNG積載容量は27万1000立方メートル。これは日本にも寄港している標準的な17万4000立方メートル型をはるかに上回り、現在就航している中で最大船型となる26万立方メートル型(Q-Max型)をも超える世界最大のLNG船です。全長は東京タワーの高さを超える344m、幅は53.6mで、5つのカーゴタンクを備えています。

 LNGを燃料として使用する2元燃料(DF)エンジンを搭載するほか、船底に空気を送り込み気泡で船体を覆うことで船の推進・抵抗を少なくする空気潤滑システム(ALS)や主機駆動の発電機であるシャフトジェネレーター(軸発電機)などの省エネソリューションを採用。これに加えてスロッシング(液面振動)監視機能付きのカーゴタンクや衝突防止システムなど、さまざまな先進的な技術が取り入れられる予定です。

 世界最大のLNG船といっても、70か所以上のLNGターミナルに接岸することが可能で、カタールからのLNG輸送で使用されている主要な航路をカバーすることができます。

 カタールエナジーの社長兼CEO(最高経営責任者)で同国のエネルギー担当国務大臣も務めるサード・シェリダ・アルカービ・カタール氏は北京で行われたCSSCとの調印式で「本日建造契約が結ばれた船は、最新鋭で過去最大規模のLNG船であり、総額は約60億ドルにも上る。これは単一の建造契約としては業界史上最大のものになる。環境の持続可能性を常に優先しながら、LNGという安全で信頼できるエネルギー源を提供するという約束を果たすカタールエネルギーの決意を表明したい」と語りました。

【え…】これが「世界最大のLNG船」です(イメージ画像)

最新記事

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。