『エヴァ』のあの貨車 実は超レア車両

出会うのは黄色いアレより困難?

 『エヴァ』に登場した大物車は「シキ880形」という架空の車両でしたが、「シキ800形」という変圧器輸送を目的にした実在の大物車にとてもよく似ています。

Large 20140829 shiki
変圧器を積載した大物車シキ800形。赤穂線天和駅(兵庫県)付近で列車内から撮影。

 シキ800形は車両を前後に分割することができ、変圧器はそのあいだに積載する形で輸送されます。「■■」が空荷のシキ800形、「口」が変圧器だとすると、シキ800形が変圧器を積載した状態は「■口■」です。

 シキ800形の最高速度は、変圧器を輸送している状態では45km/hという低速です。そのため運行は、他の列車への影響が少ない深夜帯に多く見られます。

 こうした大物車を使った「特大貨物列車」が走ることは、めったにありません。その上、走っても深夜帯がメイン。そのため、なかなか出会えないレアな車両になっています。会えると幸せになれるという「ドクターイエロー」が、ありきたりに思えるレベルかもしれません。

 ちなみに『エヴァ』に登場したシキ880形は、デフォルメした鉄道模型シリーズ「Bトレインショーティ」で2013年4月、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 シキ880(B2梁)形大物車(屋外形275kV超高圧通常変圧器搭載)」として製品化もされています。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. シキ800なんて別に大したことは無い.
    シキ700の方が大きいぜ。最大荷重280トン。日本鉄道史上最大の荷重を誇る貨車。