50歳の東海道より遅い北陸新幹線 「260km/hの壁」は破れるのか

北陸も九州も北海道も、最高速度は50歳の東海道新幹線より遅い260km/h。そこにはある合理的な理由がうかがえます。またそんな「260km/hの壁」を破る動きも始まりました。

50歳の東海道より遅い北陸

 2014年9月13日(土)、長野~金沢間の開業を来春に控えた北陸新幹線で、JR西日本の新型車両W7系が初めて、同新幹線の営業最高速度である260km/hで走行試験を実施しました。

北陸新幹線はJR西日本とJR東日本による運行で、車両はJR西日本のものがW7系、JR東日本のものがE7系と呼ばれる。

 現在、各新幹線の最高速度は東北が320km/h、山陽が300km/h、東海道が270km/hなどとなっています。今年10月で開業50周年を迎える東海道新幹線より遅い、最新の北陸新幹線。普通に考えれば妙な話です。しかも東海道は北陸が開業する来春、最高速度を285km/hにアップします。

 2011年に全線開業した九州新幹線、東北新幹線のうち2002年以降に開業した盛岡~新青森間も、最高速度は260km/hです。なぜ新しく造られた新幹線が、50歳の東海道新幹線より遅いのでしょうか。

 北陸新幹線、九州新幹線(鹿児島ルート&長崎ルート)、北海道新幹線、東北新幹線の盛岡~新青森間は「整備新幹線」と呼ばれ、それら路線は「全国新幹線鉄道整備法(全幹法)」という法律に則り、建設費を抑制するため最高速度260km/hで設計されています。

 そのため「なぜ最高速度が260km/hなのか」の答えとして「整備新幹線は『全幹法』、建設費抑制のためそう設計されているから」というのが、ひとつの解答です。

 しかしだからといって、それ以上の高速化が技術的に不可能なわけではありません。東海道新幹線では開業後50年を迎えても、さらにスピードアップします。にもかかわらず、どうして整備新幹線は260km/hのままなのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20140914_maxspeed2
  • 20140914_maxspeed1
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント