日本人の零戦、クラウドファンディングで再び日本の空へ

零戦を支援するクラウドファンディングを実施

 その想いの実現は一筋縄ではいかず、機体の維持費、管理費を捻出しつつ7年を要したものの2014年11月、ついに日本へ、日本人所有の飛行可能な零戦が到着します。

Large 20150211 zerosen 02
日本に到着した零戦(画像提供:零式艦上戦闘機 里帰りプロジェクト)。

 ですが飛行可能とはいえ改めて日本で必要な組み立て、メンテナンスを行わなければ実際に飛ぶことはできず、その資金が必要でした。そこで「クラウドファンディング」という、インターネット経由で不特定多数の人から資金を集める仕組みが利用されます。

 このクラウドファンディングで資金支援者はその額によって、主に次のような特典が受けられました。

■3千円支援:里帰り記念クリアファイル

■8千円支援:本組み後の操縦席での撮影券

■5万円支援:機体への名入れ&プロジェクトメンバーとして公式に記録&里帰り記念グッズ3点 ※早期出資特典あり

■10万円支援:機体への名入れ&プロジェクトメンバーとして公式に記録&サポートクラブ入会権(イベント優待、フライトジャケット贈呈)&里帰り記念グッズ3点 ※早期出資特典あり

■30万円支援:機体への名入れ&プロジェクト支援者として公式に記録&サポートクラブ入会権(イベント優待、フライトジャケット贈呈)&里帰り記念グッズ4点 ※早期出資特典あり

■50万円支援:機体への名入れ&プロジェクト支援者として公式に記録&サポートクラブ入会権(イベント優待、フライトジャケット贈呈)&里帰り記念グッズ5点 ※早期出資特典あり

■100万円支援:スポンサー契約権(企業)&本機著作権の利用&機体への名入れ&プレミアムジャケット ※早期出資特典あり

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ゼロを日本の空へ飛ばすのですね。当時の日本の技術力の結晶ですから飛ばすことが望ましい。
    これを見て、また私達も奮起しなければならない