【今日は何の日?】中央公論社の取締役が国鉄全線に完乗

中央公論社の取締役が国鉄の全線およそ2万キロに「完乗」しました。

 1977(昭和52)年の5月28日。中央公論社の取締役が国鉄の全線およそ2万キロに「完乗」しました。

 のちにその過程を題材にした『時刻表二万キロ』を出版し、紀行作家として活躍した故・宮脇俊三さんです。宮脇さんが国鉄に完乗したのは足尾線、現在のわたらせ渓谷鐵道間藤。ちなみに完乗にあたり宮脇さんは「足尾線にはわるいが、最後の一線はもう少し情緒のある線区、たとえば、一日二往復しかない中湧別-湧別間あたりで乗り終えて……」と記しています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150528_matoueki_01

関連記事

最新記事

コメント