千代田線新車は全車にフリースペース ベビーカーなど便利に 新技術で省エネも進化

東京メトロ千代田線に新型車両が登場。全車両にフリースペースが設置されたほか、世界初という補助電源装置(SIV)の使い方、照明のLED化などで使用電力の削減も徹底されています。

車いすやベビーカー利用者が使いやすい車両に

 本日2015年9月16日(水)から東京メトロ千代田線で、16000系のマイナーチェンジ車両(4次車)が営業を開始しました。外見こそ変化していませんが、乗客の利便性や省エネへの配慮が大きく進化しています。

 この16000系4次車で最も注目されるのが、編成の全車両にフリースペースを導入したことです。従来は、1編成10両あたり2か所しかありませんでした。

150916 chiyoda 01
外見は3次車と変わらないが、環境性能やバリアフリーがさらに進化している16000系の4次車(写真出典:東京メトロ)

 どの車両に乗ってもフリースペースがあれば、車いすやベビーカー利用の乗客はホーム上で待つ位置を気にすることもなく、大変便利です。また東京メトロによると、大きな荷物を持った海外からの旅行客が年々増加しているとのことで、そうした乗客にとっても使いやすい車両になりました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント