新型「黄色い電車」導入で京王線、雪に強く

京王電鉄が新しい事業用車両を導入します。雪対策が特徴のひとつで、降雪時におけるダイヤへの影響を軽減させる効果が期待されます。

線路の雪を走りながら排除

 京王電鉄は2015年9月24日(木)、新しい事業用車両を導入すると発表しました。「事業用車両」とは、鉄道運行に必要な作業の実施などを目的にした車両で、人を乗せての営業運転は行いません。

150924 keio 01
雪に強い京王電鉄の新しい事業用車両。左上の写真、丸で囲まれた部分が排雪板(写真出典:京王電鉄)。

 同社が今回導入する事業用車両は、総合高速検測車や資材運搬用貨車のけん引を目的にしていますが、合わせて「排雪板」を備えていることが大きな特徴です。先頭部分、車輪の前に備えられる板状の部品で、線路へ積もった雪をかき分けることが可能。京王電鉄によると「降雪時に運行させることで線路上の除雪を行い、列車運行への影響を軽減」させるといいます。

 編成は2両。前面の塗装が黄色なのは、「営業列車との差別化および夜間走行時の視認性を考慮」(京王電鉄)したとのこと。

 また「総合高速検測車」とは新幹線の「ドクターイエロー」と同様に、走りながら線路設備を検査するための車両です。京王電鉄の総合高速検測車には「DAX(Dynamic Analytical eXpress)」という名前が付けられています。

 京王電鉄の新しい事業用車両は9月下旬から日中の京王線で、機能確認などを目的に試運転を始めるため、「ドクターイエロー」と同様、出会えたらラッキーかもしれません。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 西武の電車かと思った。。。