歴史ロマンの地を行く新観光特急、ふさわしい名前は? 23日まで公募 近鉄

近鉄が南大阪線・吉野線で導入する観光特急の名称を公募。抽選でホテル宿泊券などの賞品も用意されています。

考案者は抽選で一番列車にご招待

 近鉄が、2016年秋から南大阪線・吉野線で運行する新しい観光特急の名称を、10月23日(金)まで公募しています。

 橿原神宮前駅や飛鳥駅を経由し、大阪阿部野橋~吉野間で運行されるこの新しい観光特急は、「上質な大人旅」というコンセプト。「古代から現代まで続く歴史ロマン、四季折々の豊かな自然に溢れた南大阪線・吉野線沿線に相応しい名前をたくさんご応募ください」(近鉄)とのことです。

151008 kintetsu 011
座席は全て2列+1列のデラックスシートで、ラウンジスペースも設置(画像提供:近畿日本鉄道)。

 応募は誰でも可能で、郵送または専用ホームページ経由で10月1日から受け付け中。1人で複数案の応募もできます。

 賞品のうち「最優秀賞」は、採用された名称の考案者から抽選で1人に贈呈。「大阪マリオット都ホテル エグゼクティブスイート ペア宿泊券(1泊2食付・20万円相当)」「南大阪線・吉野線観光特急の開業一番列車にペアでご招待」という内容です。

 また、応募者全員から抽選で「近鉄グループ商品券(1万円分、10人)」や「近鉄鉄道グッズ(50人)」がプレゼントされます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 柿本人麻呂の「かぎろひ」号は、如何でしょうか?!