南大阪・吉野線に新観光特急 「上質な大人旅」がコンセプト 近鉄

近鉄が南大阪線・吉野線に新たな観光特急を導入します。

橿原や飛鳥、吉野山のある路線

 近畿日本鉄道は2015年9月10日(木)、沿線に橿原、飛鳥、吉野山といった観光地を持つ南大阪線・吉野線で新たな観光特急を運行すると発表しました。

 車両は6200系という一般車両を、およそ2億円かけて改造。コンセプトは「上質な大人」で、「落ち着いた上質な内外装」(近鉄)が特徴です。

左上はデラックスシート、右上はラウンジスペースのイメージ(画像出典:近鉄)。

 列車は3両編成。1号車と3号車の座席は、すべて2列+1列のゆったりしたデラックスシートです。2号車はラウンジスペースで、軽や飲料を販売するバーカウンターが設置されます。

 また専属アテンダントが乗車し軽食や飲料の販売、沿線の名所などに関する案内放送といったサービスを行います。また南大阪線・吉野線の沿線には、フルーツの生産地やワイナリーが多く立地。そうした地元の特産品を活用したオリジナルスイーツやワインなども、車内で販売されます。

 デビューは2016年秋の予定。基本的に週6日、日中時間帯に大阪阿部野橋~吉野間で2往復が運転されます。停車は現在の特急停車駅と同じ。所要時間は約1時間20分です。

 座席は全席指定で、席数は70席程度。乗車には運賃のほか、特急料金510円と特別車両料金210円の合計720円が必要です(小児370円)。

 近鉄は「この観光特急で、南大阪線・吉野線の魅力に触れる旅にお出かけ頂ければ」としています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. たかだか1時間20分の旅でこんな車両導入されてもなあ、、、それより指定席が取りにくい『しまかぜ』をもう一編成増やして難波・賢島二往復体制にしてほしい。指定席の取れない車両を走らせてもらっても意味はないので、、、、