パリに駅弁店オープン フランスで売る駅弁の内容とは JR東日本・NRE

パリで販売される駅弁、その内容は?

 パリ・リヨン駅では、次の5種類の駅弁が販売されます。

Large 151020 ekiben 02
左上から時計回りに「パリ・リヨン弁当」「幕の内折詰弁当」「助六寿司」「おにぎり弁当」「日本のおもてなし弁当」(写真出典:JR東日本)。

「パリ・リヨン弁当」(15ユーロ)は、シャロレー牛をすき焼き風に味付け。さらに、フランス料理の特徴である「前菜」「主菜」「主食」「デザート」の構成が表現されています。

「幕の内折詰弁当」(15ユーロ)は、サーモントラウトの塩焼き、玉子焼き、かまぼこといった幕の内弁当に欠かせない定番メニューのほか、野菜の煮物や天ぷらなど和食らしいおかずをラインナップ。

「日本のおもてなし弁当」(13ユーロ)には寿司や天ぷらなど日本の伝統食が、歌舞伎に名前が由来する「助六寿司」(8ユーロ)には太巻きやいなり寿司、キュウリやカンピョウの細巻きが、そして「おにぎり弁当」(8ユーロ)には炊き込みご飯のおにぎり、おかかおにぎり、鮭おにぎり、鶏の唐揚げ、えびフライなどが入っています。

 ちなみに日本最古の駅弁は1885(明治18)年に宇都宮駅で販売された、おにぎりと沢庵を竹の皮で包んだ「おにぎり弁当」である、という説が有力。今回パリで販売される駅弁は、日本の駅弁文化、食文化と深く関わりのあるものが多いのが特徴です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント