次期爆撃機LRS-B開発、米軍の目的は 弱点を持つB-2A

アメリカ空軍は2015年10月、次世代の戦略爆撃機「LRS-B」の開発について、ノースロップ・グラマン社と契約を結びました。アメリカ空軍がいま、新たな戦略爆撃機を開発すること。そこにはどのような理由と意味があるのでしょうか。

B-29から続く核兵器搭載戦略爆撃機の系譜

 太平洋戦争当時、日本の主要都市はアメリカ軍の猛爆撃によって多くが灰燼に帰し、終戦の直前には2発の核兵器が広島・長崎に対して使用されました。対日爆撃の主力となったアメリカ軍のボーイングB-29「スーパーフォートレス」戦略爆撃機の名は日本人にとって決して忘れ得ぬ、特別な意味を持っています。

 B-29よりはじまったアメリカ空軍(太平洋戦争当時はアメリカ陸軍航空軍)の核兵器搭載戦略爆撃機の系譜は現在も受け継がれており、2015年現在、1952年に初飛行したボーイングB-52H「ストラトフォートレス」78機、1984年に初飛行したロックウェル(現ボーイング)B-1B「ランサー」62機、1989年に初飛行したノースロップ・グラマンB-2A「スピリット」20機が現役です。

151107 lrsb 01
空中給油を受けるアメリカ軍のステルス爆撃機B-2A「スピリット」(写真出典:アメリカ空軍)。

 そして今年2015年10月27日(火)、アメリカ空軍は次世代の戦略爆撃機「LRS-B(長距離打撃爆撃機)」開発計画の契約を、ノースロップ・グラマン社と結ぶことを明らかにしました。初期作戦能力の獲得(実用化)は、2020年代半ばが目指されます。

 このLRS-B、既存の戦略爆撃機とは何が違うのでしょうか。そしてLRS-Bの実用化は、何を意味するのでしょうか。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント